民泊とは?airbnbとは?

「民泊」という言葉をご存知ですか?これまで旅行の宿泊先と言えば、ホテルや民宿が当たり前でしたが、こういった宿泊施設ではなく、一般家庭の空き部屋などを間借りして宿泊することを「民泊」と言います。少しでも宿泊料を抑えようというバックパッカーや、外国の一般家庭を体験してみたいという旅行者がネットで宿泊先を探し始めたのが始まりです。民泊で代表的な予約サイトであるAirbnbはこのような部屋を貸し出したい人と借りたい人を仲介するマッチングサービスのプラットホームです。主に北米から始まり、今では世界中で80万軒以上の物件が登録され、利用客も年に2000万人を超えるほどの人気です。

 

Airbnbでは部屋を貸し出す人を「ホスト」、部屋を借りる人を「ゲスト」と呼びます。今では世界190カ国3万4000都市のホストが物件を登録しています。貸し出される部屋は自宅の個室1室から、マンション1室、別荘やアパート一棟などさまざまです。

 

自宅の空いているスペースを「民泊」として貸し出したいホストと、宿泊料金を抑えたいゲストや、その国の一般家庭に宿泊してみたいなどさまざまなニーズを持ったゲストを結びつけるのがAirbnb。現在、世界190カ国3万4千都市にホストが存在し、ゲストはそのニーズに合わせてサイトやモバイルアプリから宿泊先を選ぶことができます。その部屋の内装や設備の写真を閲覧し予約するだけでなく、メールなどを通して部屋について質問したり、特別な注文をしたりすることも可能なため、このサービスを利用する日本人ゲストも年々増加中です。

政府は2020年のオリンピックに向けて、訪日観光客3000万人という目標を掲げ、「国家戦略特区」で旅館業法の規制緩和を発表しました。これはホテルや旅館等の宿泊施設の絶対数が不足しているためです。このような状況から日本でも「民泊」が急速に普及していくことが予想されています。

 

日本の宿泊施設は全く足りていません!

近年訪日外国人数が年々増加傾向にあることは皆さんもご存知のことでしょう。雪を見たいという東南アジアからの旅行客、爆買いの中国人旅行客のニュースが毎日のように流れています。2014年の訪日観光客は1100万人を超えました。しかし、東京や大阪などでは宿泊施設の絶対数が足りていないのが現実です。

そんな中、ホテルや旅館などの宿泊施設ではなく、現地の一般家庭に宿泊させてもらうAirbnbシステムが2014年5月に日本に初めて上陸しました。数ヶ月のうちに多くの物件が登録されましたが、増える一方のニーズに対して、日本の登録物件数は全く足りておらず、供給不足の状況が続いています。

Airbnb(エアービーアンドビー)のメリット

日本では空き物件は賃貸に出すというのが一般的です。しかし、賃貸は借り手が見つからなければ空き物件となってしまったり、たとえ借り手が見つかっても最低限の家賃収入しか得られなかったりします。

実は私も購入した物件を賃貸として貸していましたが、Airbnbに登録し、民泊として部屋を貸すことにしたところ、家賃収入がいっきに上がったという経験を持っています。

物件は賃貸として出してしまえば、契約期間中はたとえ自分の物件であったとしても、自由に使うことはできませんが、Airbnbですと、長期休暇期間中だけ自宅を貸すとか、週末だけ貸すなどホストの都合で自由に物件を利用できるのも大きな魅力です。

収入の面だけでなく、旅行客として自宅に宿泊する外国人のガイドをしたり、異文化交流を楽しむなど貴重な体験をすることもできます。

 

もちろんAirbnbを運用するには外国人ゲストを迎え入れるためのメールのやりとりから、トラブル対応まで言葉の壁を乗り越える必要があります。また、生活習慣の違う外国人が必要とするサービスを日本人の感覚で提供することも簡単ではありません。そのため、これまでは民泊に興味があったとしても、外国語能力などからなかなか踏み出せなかった方も多いと思います。Minpak(民泊)はそんなホストに代わってゲストの問い合わせから入退室までサポートを行うためのサービスを提供しています。

物件による収益を増やしたい方、異文化交流を楽しみたい方、ぜひMOTENASHIをお試し下さい。